いざというとき、もうひとふん張りというときに。

にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。

にんにくの効果・効能

にんにくが二日酔いに効く!?なぜ二日酔いににんにくがいいの?

投稿日:2015年10月3日 更新日:

頭痛

前日はあんなに楽しかったのに、翌日頭が痛くて気持ちが悪くて、
「ああ、あんなにお酒を飲むんじゃなかった…」

お酒に強い方も弱い方も、そんな経験が一度はあるかもしれませんね。

なんとかすぐにでも解消したい二日酔いですが、
あなたなら二日酔いの解消にどんな食べ物を思い浮かべますか?

今ではすっかりメジャーになったウコンでしょうか?
それとも肝臓に効くと噂のしじみでしょうか?

実はにんにくも二日酔い解消に効果があるってご存知でしたか?

にんにくのパワーですっきりした朝を迎えるために!
にんにくの二日酔いへの効果を調べてみましょう♪

スポンサードリンク

二日酔いってなに?

二日酔いとは、アルコールをたくさん飲んでしまった次の日に
頭痛や吐き気、胸やけなどが続く不快な状態のことをいいます。

アルコールによる毒素が肝臓で処理しきれなかったり、
胃や腸が荒れたり、脱水症状になったりすることで引き起こされます。

それで二日酔いを早目に解消するためには、
水分を良く飲み、さらに肝臓の機能をアップさせることがカギになります。

水分は水を飲むことで補給できますが…
肝臓の機能のアップはどうすればいいのでしょうか?

そこでにんにくの出番なんです!

にんにくが二日酔いに効くのはなぜ?…肝臓の機能のアップ

ウコンもしじみも、肝機能アップに役立つということで
二日酔いに効く食品として有名です。

しかしにんにくも負けてはいません♪

にんにくに含まれる成分、アリシンには、
高い抗菌作用があり、肝臓が毒素を分解するのを助ける機能があります。

二日酔いは、肝臓が毒素を処理しきれない状態になるのがひとつの原因ですが
にんにくによって肝臓内の解毒酵素を増やし、
よりたくさんの毒素を分解できるようにしてくれるというワケですね。

加えてアリシンは、ビタミンB1と結びつくことによって
ビタミンB1の効果を高めた成分、アリチアミンに変化します。

ビタミンB1もまた、肝臓内の解毒酵素を増やすのに欠かせない栄養素。
効率よくアルコールを分解させるために、
にんにくに含まれる成分はとっても効果的ということができますね。

にんにくが二日酔いに効くのはなぜ?…抗酸化作用

にんにくには高い抗酸化作用があります。

実は毒素が肝臓で処理しきれず二日酔いになる過程のなかで、
活性酸素が多く作られてしまうのが
次の日の不快な症状の原因という説もあるんです。

活性酸素を撃退するには、抗酸化作用のある食べ物がぴったり。
抗酸化作用と言えば、有名なものだとポリフェノールやビタミンEですね。

実はにんにくには、ビタミンEをはじめとしたビタミン類も含まれています。
さらににんにくを熟成させた黒にんにくには、
ポリフェノールもふんだんに含まれています。
その抗酸化作用は野菜の中でもトップクラスということで、
二日酔いの時にも効果を発揮すると期待できるんですね。

二日酔いの気分が悪い時に
黒にんにくを作ったり、ニンニク料理を作るのは大変ですから、
どうしてもお酒を飲まなくてはいけない場面が多い方は
にんにくのサプリメントを用意しておくのもいいかもしれません。

中にはにんにくとウコンを配合したサプリメントや
にんにくとしじみを配合したサプリメントなど、
二日酔い解消にぴったりのものもあります!

自分の生活に合ったサプリメント選びをしていきたいですね♪

-にんにくの効果・効能

Copyright© にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.