いざというとき、もうひとふん張りというときに。

にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。

にんにくの効果・効能

にんにくで冷え症が改善される?にんにくの効能をチェック!

投稿日:2015年10月3日 更新日:

冷え症

たくさんの健康効果があるにんにく。

古来から薬と同じような効果があるとして重宝されてきましたが、
近年になって降圧作用や抗がん作用などの効果も期待できるとして、
ますます注目を浴びる存在となっています。

さて、そんな数多くの効能の中で
女性にとって見逃せないのが冷え症への効果。

なんだかいかにも冷え症に効きそうなイメージがあるにんにくですが…
実際ににんにくで冷え症が改善されるって本当でしょうか?

冷え症の原因と症状をもとに、
なぜにんにくが冷え症に効くのか考えてみましょう!

スポンサードリンク

冷え症ってなに?

冷え症とは、手や足の先などが冷え切ってしまう症状です。

寒い季節に起こりやすいとされていますが、
近年では季節に関係なく、冷えを訴える人も増えているのだとか。

さらに身体の末端が冷えるというイメージのある冷え症ですが、
全身が冷えて寒気が止まらなかったり、
内臓などの冷えからお腹が冷えているように感じる場合もあります。

いずれにしても体にあまりよくない症状であるのは確か。
冷えは首や肩の凝り、頭痛や内臓機能の低下などを引き起こす場合もあり、
健康のためには軽く見たくない症状です。

実は冷え症にはいくつかの原因があると考えられています。

そしてその原因が分かると、にんにくが冷え症にも効果があると分かるんです!

冷え症の原因…自律神経のバランスの乱れ

冷え症の原因のひとつとして、自律神経のバランスの乱れがあります。

季節の気温差やストレスなどによって自律神経のバランスが乱れると、
脳が体内の温度をうまく管理することが出来なくなってしまいます。
それで季節を問わず冷え症に悩まされてしまうことが有り得るのです。

にんにくに含まれる成分には、神経系が上手く働くようエネルギーを生産し、
さらに自律神経の興奮状態を抑える効果があります。

それでにんにくは冷え症にも効果があると考えられているんですね。

冷え症の原因…血流の悪さ

血行の悪さが冷え症の原因になっている場合もあります。

血液の巡りが悪いと、体中にエネルギーを運ぶことが出来ず
体がなかなか温まらなかったり、
筋肉が凝り固まってより冷え症をひどくしてしまう場合があります。

実はにんにくに含まれる成分には、
血栓を出来にくくする効果があると報告されています。
血液の塊をほぐし、血液をサラサラにしてくれるんですね。

加えて血管を広げる効果もあると考えられており、
にんにくによって血流の悪さの改善が期待できます。

毛細血管の隅々まで血液が巡るようになると、
体の末端におきやすい冷え症も改善されやすくなるかもしれません。

食べる薬とも言われるにんにく。
様々な健康への働きかけがありますから、
どんな症状に悩んでいる方もにんにくの効果をぜひチェックしてみてください♪

-にんにくの効果・効能

Copyright© にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.