いざというとき、もうひとふん張りというときに。

にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。

にんにくの種類

にんにくにはどんな品種があるの?健康効果に違いはあるの?

投稿日:2015年10月2日 更新日:

にんにく5

はるか昔から、人間の食事にかかせない野菜であったにんにく。

その品種は思った以上に多く、
わたしたちがよく目にするにんにくとはかなり違うものもあります。

にんにくにはどんな品種があるのでしょうか?
健康効果に違いはあるのでしょうか?

一緒に考えてみましょう♪

スポンサードリンク

にんにくの品種の大きな違い…育った気候

にんにくの品種の分け方にはいろいろとありますが、
ひとつにはその産地の気候で分けるという方法があります。

寒い地方で育つ寒冷地のにんにくと、
暖かい地方で育つ暖地のにんにくのふたつです。

ちなみに国産にんにくの産地のほとんどが青森県!
ということで、スーパーで見かける国産のにんにくの多くは
寒冷地で育ったにんにくと言えますね。

もうひとつスーパーで良く見かけるのが中国産のにんにくですが、
中国産のものは暖地で育ったにんにくがほとんどだそうです。

日本にも少数ながら暖地で育ったにんにくの品種もあり、
四国や九州、一部は沖縄で栽培されているものもあります。

青森県で主に育てられている品種のにんにくよりも、
暖地のにんにくは少し小さく、ころんとした形が特徴です。

こんな変わった品種のにんにくもあります

中には少し変わった品種のにんにくもあるんです。

例えば茎の部分を食べる、ネギのような見た目の茎にんにく。
さらに芽の部分を食べる、福島県の特産品である芽にんにく。

最近ではにんにく独特の香りをとことん抑えた
香りの残らないにんにくなども開発・栽培されているようです。

しかし私たちの食卓に多く上るにんにくではないでしょう。

やはりポピュラーなのは、国産、特に青森県産のにんにくか
中国産のにんにくかもしれませんね。

疲労回復や血栓を出来にくくする効果
さらには抗がん作用まであると考えられているにんにく。

ぜひ毎日の食事に摂りいれていきたいですが、
青森県産のにんにくと中国産のにんにく、
健康効果に違いはあるのでしょうか?

青森産のにんにくと中国産のにんにく、健康効果に違いはあるの?

スーパーで青森県産のにんにくと中国産のにんにくを比べると、
大きな違いに驚かされます。

まずはその価格。
ネットの中に大量に入ってかなり安価な中国産のにんにくより、
2,3個しか入っていない青森県産のにんにくの方が高価なこともありますよね。

でもよくよく見ると、見た目にも大きな違いがあるんです。
青森県産のにんにくは大きく、色も真っ白できれいなものが多いです。
粒もきれいに6粒揃っており、ずしっと重みもありますが
中国産の物は色が濁っていて、大きさも粒もバラバラのものがほとんど。

出来れば国産のものを食べたいけれど、あまりの価格の違いに迷ってしまう事も…
しかし国産と中国産のにんにくに、健康効果の違いはあるのでしょうか?

実際ににんにく自体の健康効果には、大きな違いはないと考えられています。
しかし気になるのは生産過程での問題点。

中国産のにんにくには、
日本ではすでに禁止されている農薬などが使われている可能性や
安全性のチェックが行われていない可能性もあります。

そういう意味では、生産者まではっきりと分かっているような国産のにんにくは
安心感が強いと言えるかもしれませんね。

さらに高価なにんにくは、やはり味もいいようです。
刻んで炒めて食べる分にはあまり違いも感じないかもしれませんが、
黒にんにくを自作するなど、にんにく本来の形を残した調理をする場合は
味の良いものを選ぶメリットも高いと言えるでしょう。

またサプリメントなどで使われているにんにくは、青森県産のものがほとんどです。
安心・安全に毎日の健康を管理するために選ばれるのは、
やはり国産のにんにくなのかもしれませんね。

-にんにくの種類

Copyright© にんにくの魔法|摂り方からおすすめサプリまで。 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.